Index >> 8000系

0番台

1992年から製造が行われた京王帝都電鉄(当時)初のVVVFインバータ制御を採用した電車である。CIに則ったカラーの導入や、前頭部に大型の曲面ガラスを用いる等20年ぶりに車両のフルモデルチェンジが行われ、通産省のグッドデザイン商品に選定された。2001年からLED式車内表示機の設置、2008年には行先表示機のフルカラーLED化やアコモデーションの変更等の更新工事が行われた。分割併合を行うため新宿方から4連+6連の編成となっていたが、2007年よりATC装置の搭載に伴い編成の組み換えが行われ新宿方から6連+4連となった。
4連+6連それぞれ14本づつ在籍しているが、分割運用の無くなった現在は固定編成となっている。なお8714Fは8728Fへ中間先頭車を供出している。

8701F   8702F   8703F
09/07/05更新   11/03/13更新   11/03/13更新
8704F   8705F   8706F
11/03/13更新   11/03/13更新   11/03/13更新
8707F   8708F   8709F
11/03/13更新   09/07/05更新   11/03/13更新
8710F   8711F   8712F
09/07/05更新   09/07/05更新   11/03/13更新
8713F   8714F      
11/03/13更新   11/03/13更新    
               
20番台

1994年から1999年にかけて製造されたグループで、相模原線特急(通称「橋本特急」)への充当と従来車の置き換え用として投入された。0番台とは違い分割併合を行わない為、自動解結装置を搭載していない。登場時から全車前面側面ともLED式方向幕を使用していたが(8721F〜25Fのごく初期を除く)、2008年より0番台と同じ仕様の更新工事を行いフルカラーLED式に更新されている。
8両編成13本が在籍しており、各駅停車を中心に運用されている。なお、8728Fは2008年に高尾〜高尾山口間の土砂崩れによって被災し、新宿方先頭車が廃車となっている。代替に8714Fからクハ8814を供出し復帰している。

8721F   8722F   8723F
10/04/04更新   11/03/13更新   11/03/13更新
8724F   8725F   8726F
11/03/13更新   10/04/04更新   11/03/13更新
8727F   8728F   8729F
09/07/05更新   10/04/04更新   10/04/04更新
8730F   8731F   8732F
09/07/05更新   09/07/05更新   11/03/13更新
8733F            
09/07/05更新        
               

戻る

(c)Friday All Rights Reserved.